FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

外国為替とクリック

為替とインターネットとは非常に密接な関係にあります。
何と言ってもFXはインターネットによって開花したものですし、為替はインターネットの普及によってその人気が不動のものになったようなものですね。

リーマンショックが起きても、世界恐慌のころほどにならないのは、世界恐慌の教訓があったのはもちろんのこと、為替はインターネットによって、素早い取引が行われているからかもしれませんね。

特に、FXには株のように信用取引と言うものが存在し、実際の資金の10倍以上もの取引を行うことが可能です。

少ない資金で取引することが可能で人気のFXは、少ない資金で大きな取引ができることに飛びつきがちですが、これにはリスクも伴います。
それは、損金が発生したとき。

マイナスも10倍になってしまうため、会社では、資金を上回る損金にならない用意するために、強制決算をすることができます。

強制決算をされるということはある意味屈辱的です。
この屈辱を何回か経験していくうちにカリスマトレーダーとなっていった人もいますが、やはり強制決算は、資産運用とはま逆にあるもの。

マイナスになる決算は極力小さなマイナスで押さえるような決算ができるように自分をしつけていく必要があります。

この決算の方法も、マウスをワンクリックするだけ。
そのワンクリックを押す人差し指がなかなか押せなくて苦労しているのですが、損益を出して、そこから盛り返していくことは難しいので、諦める気持ちと、損益でも人差し指を押せる行動力を身につけましょう。

市場

為替や相場に敏感になる人が多い日本。
最近は外国為替証拠金取引のおかげでますます敏感になっている人が多いです。
インターネットで24時間いつでも取引を行うことができることから、サラリーマンやOLの副業に、主婦の空いた時間を利用して取引を行っている人が急増中です。

なぜ24時間取引が可能なのかと言いますと、為替の取引を行っている市場と言うのは、常にどこかの国が取引を行っていることになり、24時間取引が可能になってくるのです。
市場の流通の多いところを挙げていくと、日本時間で早朝の5時ごろからニュージーランドの市場で取引が始まり、その後9時からは日本の東京で取引が始まります。
東京の取引が終わる17時ごろにはロンドンで取引が始まります。
そして、ロンドンの次にニューヨークの市場で取引が始まる。
このようにして世界中のどこかの市場が取引を行っているため、FXは24時間取引が可能になってくるのです。
ただ、ニューヨークの市場が終了した後は東京の取引が始まるまであまり取引量が多くないため、取引に時間がかかるとも言われています。

最も景気のいい時間帯は、ロンドンとニューヨークの子女が同時に開いている日本時間で夜の8時頃~夜中の2時頃と言われています。

したがって、主婦層では、東京の市場が始まる8時代からと、寝る直前に為替の変動にチェックを入れているという人が多いようです。

特に市場が活気づく夜の時間帯は、スキャルピングにうってつけの時間帯かもしれませんね。

輸出・輸入業と為替

最近の為替の相場は円高ドル安傾向にあります。
これは日本にとって良い傾向なのか?

消費者にとって、輸入品を安く購入することができれば、うれしいです。
購入意欲も増えますよね。

確かに日本は資源が乏しく、また食料も輸入に大きく頼っている傾向にあります。

が、それと同時に輸出国でもあります。
日本は小さな島国ゆえに資源が限られている。
そこで技術を磨き、自動車や電化製品を輸出することによって外貨を稼いでいるのです。

日本の製品を輸出するとき、関係してくるのが、外国為替相場です。
輸出する際の請求書と言うのは当然のことながら、ドルに計算するのですが、円高では、日本製品の価格は高いです。
これではなかなか外国の消費者は日本製品が高くて購入してくれません。

逆に、ドルでの価格を固定した場合はどうなるでしょう。

入ってくるドルは同じでも、相場の変動によって、ある日は1ドル=100円の時は、10,000ドルの収入は100万円ですが、1ドル=90円の時は、10,000ドルの収入は90万円にしかなりません。

もし原価が90円だった場合、利益は生じないことになります。

円高過ぎても、円安すぎても、輸入・輸出業は大きな影響を受けることになるのです。

しかし、この円高な時期にドルを沢山購入し、円安になった時に、売ったらどうでしょうか。

かなりの利益を挙げることができますよね。

円高、円安は輸出業だけでなく、FXにも大きな影響を及ぼすということですね。
その為、取引を行っている人や、輸出や輸入に携わっている人は、毎日の為替と相場が非常に大切なニュースになってくるのです。

内国為為替

為替と言うと、どうしても、外国為替相場を連想しがちですが、日本国内にも、為替と言うのは存在します。

為替は、支払いなどの際に、現金の輸送をせずに金銭の決済を行うときに用いる者のことで、郵便為替や手形・小切手・銀行振り込みなどがこれに当てはまります。

銀行振り込みは私たちの中で最も身近なものかもしれませんね。

営業や経理に携わったことのある人は、小切手や約束手形などもよく目にしていると思います。

小切手は、小切手に明記されている取引銀行に持って行くと、現金化してもらえるもので、これに対し、約束手形は、支払期日が明記してあり、その約束期日にお支払いしますよと言う為替になります。

約束手形は、支払期日までずいぶんと日にちがあることから、手形を支払う側と受け取る側との間に信頼関係がないと成立しないです。

支払う側が、支払期日に支払えなかった場合、「不渡り」といい、これを2回行うと、取引銀行から取引を停止され、事実上の倒産となってしまいます。

郵便為替は、定額小為替と普通為替とがあり、定額子為替に関しては、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、550円、600円、1000円とすでに額面が決まっている為替です。
これに対し、普通為替は額面を1円単位で500万円まで記入することのできる為替です。

為替と言う言葉を聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、なじみのある小切手や、郵便為替などは、とっつきやすいですよね。

外国為替取引の会社選びのポイント

前回お話しした外国為替取引の具体例には手数料が含まれていません。
取引を行う際には当然手数料が発生するので、外国為替取引で利益を上げようとする場合、売買の往復の手数料を超える利益が出て初めて「プラス」になります。

したがって時には、「取引自体はプラスだったが、最終的にはマイナスになった」と言うこともあるのです。

そう、外国為替取引をしていくとき、常に頭に入れておかなくてはいけないのが、手数料のことなのです。

この手数料と言うのも、会社によってまちまち。
手数料だけを見て比較してはいけませんが、会社を比較する目安の一つにはなってきます。

手数料には、一つの取引に対し、一律いくらと言うところがあれば、利益の何パーセントと言った手数料のとり方など様々です。

利益を大きく出す自信のある人は、一取引一律〇円の会社の中から決めればいいし、損益を出す自信のある人は、取引で発生する利益の〇パーセントという手数料のシステムになっている企業を選べばいい。

ただ、今は外国為替取引ブームと言うことで、そのブームに便乗して粗悪な会社も沢山あるので、まずは信頼のあるメジャーな会社で取引を始めるのがおススメです。

また、為替の売値と買値も会社によって異なってきます。
この売値と買値の差をスプレッドと言うのですが、スプレッドの差が小さい会社の方が当然良いです。

したがって、手数料や、スプレッドなどを会社選びの重要ポイントとなってくるのです。

為替取引を学ぼう

皆さん、為替取引ってご存知ですか?

為替取引は、在宅で資産を増やすことができる今人気の資産運用法の一つです。
このサイトでは、外国為替取引について紹介していきます。

外国為替とは、ある国の通貨を買うとき、それと同時にほかの国の貨幣を売るという取引を行うことになります。
この為替の売買の差額によって利益を挙げるのが、外国為替取引です。

ではどうして、株などの取引よりも外国為替取引の方が人気があるのか。
それは、出資額が株に比べてはるかに少額から始めることができるからです。

基本的には、たとえば、円とアメリカドルとで取引をするのであれば、この円と米ドルとのペアを組むことになります。

初心者は、まずは円となじみのあるドルとのペアを組んでまずは外国為替取引のやり方になれていく必要があります。

外国為替相場は常に変動しています。
この変動を利用して、ペアの間で取引を行い、たとえば、円を買った時よりも、打った時の方が貨幣価値が上がっていれば、その差額が利益となります。

この為替の変動で最もわかりやすい具体例としてあるのは、外国へ旅行へ行ったときです。

カードを利用せず、現金のみで買い物をしようとする場合、両替をしてもらう必要があります。

もちろんこのときも相場で両替してもらえるお金は変わってきます。
例えば、ハワイ旅行へ行くのに、10,000円を両替してもらったとしましょう。
その時の相場が1ドル=100円だとすると、両替してもらえるドルは100ドルです。
しかし結局カードで買い物をした結果、この両替したドルが必要なくなり、100ドルを日本円に戻す必要が出てきました。
このときの相場が、値崩れを起こし、1ドル=90円となっていたら、両替して戻ってくるのは、9,000円です。
この差額があなたにとって損益や利益となるのです。。

あなたが毎日ニュースで耳にしている為替の変動が、誰かにとっては朗報であったり、また誰かにとっては、頭が真っ白になるほどの悲しいお知らせだったりするのです。

経済