口座開設の本人確認書類

さて、前回は為替取引口座の開設手続きについて書きました。ちょっと説明が中途半端に終わってしまいましたので、今回は本人確認書類の送付についての注意などの補足を書き足そうと思います。口座通知書の受け取りが本人確認書類に記載されている現住所でのみ受け取り可能と書きましたが、これは業者の中の一例ですのでメールで送られてくるケースなどもあります。

本人確認書類(個人)は運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード・住民票の写し・印鑑登録証明書・外国人登録証・外国人登録原票記載事項証明書などです。本人確認書類はデータをアップロードフォームからアップするかeメールに添付して送るか、FAXや郵送でコピーなど提出することになりますよね。

提出する時に注意することは「記載事項全てが鮮明に見えて読み取れること」です。免許証については裏面の記載事項の提出も忘れないことです。画像データを撮るときは接写モードに設定することを忘れずに。カメラを免許証と同じ横向きに合わせて撮るとちょっとは綺麗になります。画像解像度やファイル形式などに制限がある場合がありますのでその点も注意です。一部が切れていたり、公安の印がぼやけていたりするとNGみたいです。

FAXで送る場合、相手に届いた時に文字がつぶれてしまったり顔写真が真っ黒になってしまったりすることが多いです。コピーをとる時に拡大したり(拡大してはいけない場合もあるかもしれませんが)、濃さを薄めに設定したりするとうまくいきますよ。あと、住民票などをそのままFAXすると背景の複写用文字で内容が判別できないことがあるのでやめておいた方が良いと思います。FAX機の送信面の表裏にも注意して下さい。送信面間違える人、結構多いですよ。

経済