為替取引口座の開設手続きについて

今回は為替の取引口座開設の手続きについての話です。

口座開設はパソコンでの申し込みと郵送での申し込みができる会社が多いと思います。
口座の開設の方法や審査などは業者によって様々です。

手順としては ①申込書へ記入/申し込みフォームに入力→②本人確認書類の送付→③審査→④口座開設→⑤口座開設通知書の受け取り→⑥ログイン→⑦入金する→⑧取引開始 という流れになると思います。

①申込書に記入/申し込みフォームに入力

名前などを申し込みフォームに入力する前に為替リスクについての注意や規定の説明があると思います。取引の全てと言ってもいいくらい重要なことが記載されていますので、長い文章だと思いますがしっかりと読んで理解してから同意しましょう。
またFXの仕組みやリスクを十分理解しているかどうかの確認にアンケート形式などでの回答が必要な業者などがあります。審査基準は非公開のようですが、審査の厳しいところでは適切でない回答を選択してしまうと口座を開設できないみたいです。
為替取引についての仕組みやリスクなどの知識を身につけてから申し込んだ方が良いようです。
申し込み入力フォームには名前や現住所・連絡先などの個人情報を入力します。
ここでの入力情報は次の「②本人確認書類の送付」の本人確認書類に記載されている名前・生年月日・現住所と必ず同じでなければなりません。
さらに「⑤口座開設通知書の受け取り」での送付先住所になります。
転送不要の書留などで送られてくるため、本人確認書類に記載されている現住所でしか受け取れません。
注意しましょう。

経済