外国為替取引の会社選びのポイント

前回お話しした外国為替取引の具体例には手数料が含まれていません。
取引を行う際には当然手数料が発生するので、外国為替取引で利益を上げようとする場合、売買の往復の手数料を超える利益が出て初めて「プラス」になります。

したがって時には、「取引自体はプラスだったが、最終的にはマイナスになった」と言うこともあるのです。

そう、外国為替取引をしていくとき、常に頭に入れておかなくてはいけないのが、手数料のことなのです。

この手数料と言うのも、会社によってまちまち。
手数料だけを見て比較してはいけませんが、会社を比較する目安の一つにはなってきます。

手数料には、一つの取引に対し、一律いくらと言うところがあれば、利益の何パーセントと言った手数料のとり方など様々です。

利益を大きく出す自信のある人は、一取引一律〇円の会社の中から決めればいいし、損益を出す自信のある人は、取引で発生する利益の〇パーセントという手数料のシステムになっている企業を選べばいい。

ただ、今は外国為替取引ブームと言うことで、そのブームに便乗して粗悪な会社も沢山あるので、まずは信頼のあるメジャーな会社で取引を始めるのがおススメです。

また、為替の売値と買値も会社によって異なってきます。
この売値と買値の差をスプレッドと言うのですが、スプレッドの差が小さい会社の方が当然良いです。

したがって、手数料や、スプレッドなどを会社選びの重要ポイントとなってくるのです。

経済