外国為替取引にファンダメンタルズ分析とJASDAQ

外国為替取引を行う上で、必要なのが「ファンダメンタルズ分析」です。もう一つ「テクニカル分析」もありますが、今回は「ファンダメンタルズ分析」に目を向けてみましょう。まず、「ファンダメンタルズ分析」とは何か?言ってしまえば経済の基本的な事項を分析することで今後の為替取引の動向を予測する分析方法のことです。とはいえ、「ファンダメンタルズ分析」は難しく、金融や経済の知識がない」と諦めてしまう人も多いのだとか。それにもう一つの「テクニカル分析」での的中率が高いので、「ファンダメンタルズ分析は必要なし」とする人もたくさんいます。

しかし、そう上手くはいかないのが市場。中長期に渡っての外国為替レートの予測はテクニカル分析ではできません。やはり「ファンダメンタルズ分析」を使い、中長期的なトレンドを知っているのといないのとでは設け方が全く違うのです。また、逆に言えば中長期的なトレンドさえ見られれば十分なので、簡単な知識さえ身につけれいれば十分な「ファンダメンタルズ分析」ができるというわけです。やはり、難しいからと毛嫌いせずに「ファンダメンタルズ分析」を知っておきましょう。それから、JASDAQ(ジャスダック)はいわずと知れた金融商品取引所のことです。主に成長・ベンチャー企業(新興企業)向けの市場で、日本版NASDAQ(ナスダック)として位置づけられていますが、かつてあったナスダック・ジャパン(現在のヘラクレス)とは全く別の市場であります。

経済