市場

為替や相場に敏感になる人が多い日本。
最近は外国為替証拠金取引のおかげでますます敏感になっている人が多いです。
インターネットで24時間いつでも取引を行うことができることから、サラリーマンやOLの副業に、主婦の空いた時間を利用して取引を行っている人が急増中です。

なぜ24時間取引が可能なのかと言いますと、為替の取引を行っている市場と言うのは、常にどこかの国が取引を行っていることになり、24時間取引が可能になってくるのです。
市場の流通の多いところを挙げていくと、日本時間で早朝の5時ごろからニュージーランドの市場で取引が始まり、その後9時からは日本の東京で取引が始まります。
東京の取引が終わる17時ごろにはロンドンで取引が始まります。
そして、ロンドンの次にニューヨークの市場で取引が始まる。
このようにして世界中のどこかの市場が取引を行っているため、FXは24時間取引が可能になってくるのです。
ただ、ニューヨークの市場が終了した後は東京の取引が始まるまであまり取引量が多くないため、取引に時間がかかるとも言われています。

最も景気のいい時間帯は、ロンドンとニューヨークの子女が同時に開いている日本時間で夜の8時頃~夜中の2時頃と言われています。

したがって、主婦層では、東京の市場が始まる8時代からと、寝る直前に為替の変動にチェックを入れているという人が多いようです。

特に市場が活気づく夜の時間帯は、スキャルピングにうってつけの時間帯かもしれませんね。

経済